低カロリーなこのこのごはんでも適量を守らなければ太る!口コミあり

きょん

このこのごはんのカロリーってどれくらい?減量したいわんちゃんにもオススメできるのかな?

このこのごはんのカロリーは、100gあたり343kcalと、ドライフードの中では比較的「低カロリー」に仕上がっています。

実際に、有名なドッグフード20種類とカロリーを比較し、相対的にみて「低カロリーである」と判断しました(詳しくはこちら)。このため、以下のようなわんちゃんにオススメできます。

オススメなわんちゃん
  • 太っているのでダイエットしたい
  • 関節が悪いので体重を減らしたい
  • シニア犬なので運動量が少ない

太っているわんちゃんは、正常な体重のわんちゃんよりも「寿命が短い」との研究結果※があります。

大好きな愛犬と1日でも長く一緒に暮らせるように、低カロリーなこのこのごはんへの切り替えを検討してみましょう。

ただし、いくら低カロリーでも適切な給餌量を守らなければ太ってしまいます。実際、アンケート結果によると「このこのごはんを食べ過ぎて太ってしまった」という回答がありました。

翔ちゃん

このこのごはんの「カロリー」に関するアンケート口コミを集めて本記事に掲載しています。ぜひ読んでみてくださいね。

\愛犬がごはんを食べる姿を「安心して」見守れる幸せ/


このこのごはんについては、以下の記事で詳しく解説しています。

≫犬の管理栄養士が「このこのごはん」を買い続ける理由と口コミ150件

あわせて読みたい
犬の管理栄養士が「このこのごはん」を買い続ける理由と口コミ150件 このこのごはんは、美味しく食べるだけで小型犬に多い以下3つの悩みをサポートをしてくれる小型犬用プレミアムドッグフードです。 小型犬に多い3つの悩み 健康的な毛並...

※参考元:Carina Salt, Penelope J Morris, Derek Wilson, Elizabeth M Lund, Alexander J German. “Association between life span and body condition in neutered client-owned dogs”. National Library of Medicine. 11 December 2018. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/30548336/ (29 February 2024)

本記事の作者
作者の翔ちゃんと愛犬ラック

【自己紹介】生まれた時から犬がいる環境で育ち、犬が大好き。あなたの愛犬が元気に長生きできるように、心を込めて記事を作成しています(詳細プロフィールはこちら)。

【所有資格】1.SAE認定「犬の管理栄養士マスター」2.ペットフード協会認定「ペットフード販売士」3.JCSA認定「ドッグトレーナープライマリーライセンス」4.アニマルウェルネス協会認定「ペットフーディスト」

犬の資格の認定証書
ペットフード販売士が在籍しております(バナー)
ラック

本編が始まるよ!

目次

このこのごはんは「343kcal」と低カロリーなドッグフード

このこのごはんのカロリーは100gあたり343kcalであり、他のドライフードと比較して「低カロリー」であると判断しました。有名な外国産・国産のドライフードと比較した結果をご紹介します。

100gあたりのカロリーはわずかな差だとしても、ドッグフードは毎日食べるもの。積み重ねると大きな差が生まれます。カロリーはシビアにチェックしましょう。

翔ちゃん

パッケージには「カロリー」ではなく「代謝エネルギー」と記載されている場合が多いです。

海外産ドッグフードとカロリーを比較

10種類の海外産ドッグフードとこのこのごはんのカロリーを比較した結果がこちら。最下段には、このこのごはんを含めた11種類の平均値を記載しています。

スクロールできます
カロリータンパク質脂質
このこのごはん343kcal/100g20.9%以上8.0%以上
ペロリコ326.9kcal/100g22.5%以上8.0%以上
アランズナチュラル341kcal/100g19.25%以上11%以上
ミシュワン(小型犬用)352kcal/100g21.5%以上9.5%以上
エッセンシャル358kcal/100g27%以上14%以上
マックアダムズ361.5kcal/100g17.50%以上11.50%以上
モグワン361.5kcal/100g27%以上10%以上
ユリカゴ369.5kcal/100g24%以上10%以上
シュプレモ(小型犬用)375kcal/100g26.0%以上17.0%以上
カナガン(チキン)376kcal/100g29%以上15%以上
ファインペッツ440kcal/100g27.1%以上16%以上
【平均値】364.0kcal/100g23.8%以上11.8%以上

このこのごはんのカロリーは、平均値よりも「21.0kcal/100g」も低いことがわかりました。このため、選定した10種の海外産ドッグフードと比較して、低カロリーであると言えます。

翔ちゃん

低カロリーと呼べる明確な数値は決まっていないため、「相対的に低カロリーである」とさせていただきました。

国産ドッグフードとカロリーを比較

10種類の国産ドッグフードとこのこのごはんのカロリーを比較した結果がこちら。最下段には、このこのごはんを含めた11種類の平均値を記載しています。

スクロールできます
カロリータンパク質脂質
このこのごはん343kcal/100g20.9%以上8.0%以上
わんこのヘルシー食卓290kcal/100g27%以上8%以上
みらいのドッグフード345kcal/100g30.4%以上12.3%以上
犬猫生活347kcal/100g28%以上10%以上
うまか350kcal/100g21.4%以上9.5%以上
ポンポンデリ351kcal/100g21.3%以上9.2%以上
livedog354kcal/100g21.0%以上11.0%以上
Dr.ケアワン354kcal/100g22.5%以上7.5%以上
安心犬活360kcal/100g28%以上10%以上
ペルシア360kcal/100g28%以上10%以上
自然派わんこの厳選ごはん400kcal/100g28%以上10%以上
【平均値】350.4kacl/100g25.1%以上9.6%以上

このこのごはんのカロリーは、平均値よりも「7.4kcal/100g」低いことがわかりました。このため、選定した10種の国産ドッグフードと比較しても、低カロリーであると言えます。

翔ちゃん

海外産ドッグフードと同様に、「相対的に低カロリーである」と判断しました。

低カロリーなこのこのごはんを美味しく食べさせて、無理のない減量を目指しましょう。パツパツだったお洋服をキレイに着こなした愛犬を見るのが楽しみですね。

かっこいいお洋服を着ている愛犬ラック
お洋服を着こなす愛犬ラック(僕より格段におしゃれ…)

\愛犬がごはんを食べる姿を「安心して」見守れる幸せ/

このこのごはん愛用者へカロリーに関するアンケート

このこのごはんが他のドッグフードと比較して低カロリーであることは、納得いただけたかと思います。でも、数値だけではなく「実際に効果はあったのか?」が知りたいですよね。

そこで、このこのごはんを3ヶ月以上愛用している愛犬家63名に対し独自にアンケートを実施しました。

ラック

客観的な意見って信頼できるよね!

Q1. 愛犬は適正な体重に近づきましたか?

このこのごはんを3ヶ月以上食べているわんちゃんを対象に、体重の変化について聞いてみました。

その結果、もともと適正体重だったわんちゃん(60.3%)は体重をしっかりキープできており、38.1%のわんちゃんに関しては「適正体重になった・適正体重に近づいた」との回答が得られました。

適正な体重を保てましたか?
  • 【適正体重を保てた】38頭(60.3%)
  • 【適正体重になった】11頭(17.5%)
  • 【適正体重に近づいた】13頭(20.6%)
  • 【適正体重から離れた】1頭(1.6%)
きょん

これは嬉しい結果だね!

でも、このこのごはんを食べて「適正体重から離れた」との回答もありました(1.6%)。このわんちゃんは、このこのごはんの正しい給餌量よりも多く食べてしまっていたことがわかりました。

ドライフードの中では比較的「低カロリー」なこのこのごはんでも、食べ過ぎれば太ってしまいます。当たり前ではありますが、飼い主であるあなたがしっかりと給餌量を管理する必要があります。

Q2. 正しい給餌量を毎日守りましたか?

このこのごはんに限らず、適正体重をキープするためには、正しい給餌量を毎日守ることが大切です。アンケートの結果、毎日正しい給餌量を守れている割合は61.9%であることがわかりました。

正しい給餌量を守りましたか?
  • 【毎日守っている】39名(61.9%)
  • 【守れない日もある】23名(36.5%)
  • 【毎日守れていない】1名(1.6%)
ラック

たくさん食べたい日もあるけど我慢も必要だね!

とはいえ、給餌量はあくまで “目安” です。同じ年齢・体重のわんちゃんでも、それぞれ個体差があるため、愛犬に合わせて給餌量を調整する必要があります。

詳しくは以下の記事で解説していますので、ぜひ読んでみてくださいね。

≫このこのごはんの1日の給餌量は何グラム?適正量と3つの注意点を解説

Q3. ダイエットにも挑戦していましたか?

「適正体重を保てた」が60.3%、「適正体重になった」が17.5%、「適正体重に近づいた」が20.6%と、とても良い結果が得られましたが、ダイエットをしている可能性もありますよね。

そこで、ダイエットに挑戦していたかも聞いてみました。その結果、87.3%が「ダイエットをしていない」と回答。つまり、特別な運動などをせずに体重を管理できているのです。

ダイエットに挑戦していましたか?
  • 【はい】8頭(12.7%)
  • 【いいえ】55頭(87.3%)

ドライフードの中では比較的「低カロリー」なこのこのごはんを継続して食べることで、適正体重のキープが期待できることがわかりましたね。

翔ちゃん

適正体重をキープできている理由のすべてが「このこのごはんのおかげ」とは言いませんが、関係しているとは言えそうですね。

\愛犬がごはんを食べる姿を「安心して」見守れる幸せ/

わんちゃんにも個性があるため、このこのごはんを食べれば ”必ず” 適正体重をキープできる訳ではありません。

このこのごはん愛用者のカロリーに関する口コミを公開

アンケートに回答していただいた愛犬家63名に、「カロリーや肥満、ダイエット」に関する口コミ・評判もお聞きしました。特に参考になった口コミを5件ご紹介します。

翔ちゃん

口コミ・評判は「個人の感想」ではありますが、すべて愛犬家の意見です。ぜひ参考にしてみてくださいね。

特に参考になった口コミがこちら。1, ※2

『以前のご飯と比べて、むしゃむしゃと食べるので心配でしたが、体重は減り理想体重をキープしています。』トイプードル(14歳)のご家族様より

『我が家の愛犬(パグ)は平均体重よりもかなり重たい8.5kgまで太っていました。あまり散歩に行くのを好まず、毎日おやつのビーフジャーキをたくさん食べる生活をつづけた結果でした。このこのごはんは低脂質で増えてしまった体重を減らせることを知って与えるようになり、おかげでもうすぐ適正体重になろうとしています。今現在、愛犬の肥満に悩まされている方には声を大にしておすすめしたいフードであり、以前の食事量のままでもカロリーを大幅に減らせるのがこのこのごはんの良いところです。ワンちゃんにとってもストレスフリーで、きっと健康的なダイエットに成功することでしょう。』パグ(8歳)のご家族様より

『うちの愛犬の場合は、フードをこのこのごはんに変更しただけで1キロの減量に成功しました。』キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル(3歳)のご家族様より

体重はなかなか落ちません。見た目では肥満に見えないのですが、獣医さんから肥満と言われてショックでした。最近まで普通のペットフードを与えていたのがまずかったのかもしれません。最初から低カロリー・低脂質のものを選んでおけば良かったのかな、と思います。』キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル(12歳)のご家族様より

『このこのごはんはカロリー計算がきちんとされていますし、栄養バランスも整っている商品なので、検討している方は安心して購入して頂けたらと思います。私は愛犬の肥満を心配しこのこのごはんを購入しましたが、継続していると自然な形で愛犬は減量出来ましたし体重が軽くなったせいか?散歩時には愛犬の足取りが軽快になりました。愛犬の健康を守りたい方にはオススメしたい商品です!』シーズー(7歳)のご家族様より

1 個人の感想です。効果を保証するものではありません。
2 コメントは一部改変してご紹介しています。

このこのごはんを購入している63名の愛犬家から、このこのごはんの「カロリーや肥満、ダイエット」に関する口コミを集めてみましたが、良い口コミばかりでした。

犬の管理栄養士である僕も自信を持ってオススメできるドッグフードですので、減量したいわんちゃんにも食べさせてあげてくださいね。

翔ちゃん

体重管理以外にも「小型犬に多いお悩みをサポート」などが期待できるため、僕も2年以上定期購入しています。

\愛犬がごはんを食べる姿を「安心して」見守れる幸せ/

このこのごはんを食べたい愛犬ラック
愛犬ラック「僕も毎日食べてるよ!」

このこのごはんがはどんなわんちゃん向け?

このこのごはんは、どんなわんちゃんにオススメできるのか?逆に、どんなわんちゃんにはオススメできないのか?このこのごはんの特徴を考慮しながら解説します。

ラック

オススメしないわんちゃんもいるなんて知らなかったよ!

このこのごはんを「オススメする」わんちゃん

このこのごはんをぜひオススメしたいわんちゃんの特徴はこちら。

オススメできるわんちゃんの特徴
  • 主に室内で過ごす小型犬のわんちゃん
  • 減量したい小型犬のわんちゃん
  • 関節が悪い小型犬のわんちゃん
  • 運動量が少ないシニアのわんちゃん

このこのごはんのコンセプトは「小型犬の健康をサポートするやさしいごはん」。つまり、小型犬をターゲットとしているドッグフードなのです。

原材料には、低脂肪な鶏ささみや、ヘルシーな鶏胸肉、低脂肪・低カロリーな鹿肉などを使用しているため、減量したいわんちゃんにもオススメできます。

スクロールできます
鶏ささみ
鶏ささみ
鶏胸肉
鶏胸肉
鹿肉
鹿肉
消化も良く、タンパク質も高い。ヘルシーな部位!低脂質で良質なタンパク質がたっぷり!牛肉の1.7倍のタンパク質なのに低カロリー!
このこのごはん公式サイトより引用させていただきました。

ただし、エネルギー源となる「タンパク質」と「脂質」が抑えられているため、主に室内で過ごすわんちゃんに最適です。アジリティなどのスポーツをしているわんちゃんには少し物足りないと感じました。

翔ちゃん

エネルギー源となる成分を抑えている理由は、ターゲットを「小型犬」に絞っているからですのでご心配なく。

また、膝や腰などが悪いわんちゃんにもオススメ。適正体重を保つことで膝や腰に負担をかけないことが大切です。

このこのごはんは低カロリー・低脂質ですが、ダイエット用フードではありません。「食べれば必ず痩せる」訳ではありませんので注意しましょう。

このこのごはんを「オススメしない」わんちゃん

このこのごはんをオススメしないわんちゃんの特徴はこちら。

オススメしないわんちゃんの特徴
  • 中型犬・大型犬のわんちゃん
  • 痩せていて体重を増やしたいわんちゃん
  • 運動量が多いわんちゃん

もちろん、中型犬・大型犬のわんちゃんもこのこのごはんを食べることはできます。

ただ、小型犬をターゲットとして開発されたため、中型犬・大型犬のわんちゃんはこのこのごはんのメリットを十分に得られないのが残念です。別のドッグフードを検討してみましょう。

きょん

愛犬に適したドッグフード選びが大切だね!

このこのごはんは、一般的なドッグフードと比較して「ヘルシー」です。運動量が多いわんちゃんには、もっと高カロリーなドッグフードを選んであげましょう。

同様に、痩せ気味で体重を増やしたいわんちゃんにも高カロリーなドッグフードが適しています。消費カロリーよりも摂取カロリーを多くすることがポイントです。

痩せすぎのわんちゃんはドッグフードの見直しが必要となるケースが多いです。動物病院で相談し、フード選びや食事の与え方などを見直してみましょう。

適正量を守ればこのこのごはんを食べても太らない!

今回は、このこのごはんの「カロリー」について解説しました。要点をまとめますね。

要点まとめ
  • このこのごはんは他のドッグフードと比較して低カロリー(343kcal/100g)。
  • このこのごはんは「減量したい小型犬のわんちゃん」などにオススメ。
  • このこのごはんを食べて「体重が増えたわんちゃん」はたったの1.6%。

アンケート結果から、このこのごはんは「適量を守れば太りにくい」ことがわかりましたね。愛犬の減量を目指している場合は、低カロリーなこのこのごはんへの切り替えを検討してみましょう。

翔ちゃん

愛犬の体重管理は、ぼくたちの役目です。

冒頭でお話ししたように、太っているわんちゃんは、正常な体重のわんちゃんよりも「寿命が短い」との研究結果※があります。

あなたの愛犬も、大好きなあなたと1日でも長く、いや、1秒でも長く一緒に暮らしたいと願っていることでしょう。その願いを叶えられるのは「あなただけ」だということ忘れないでくださいね。

\愛犬がごはんを食べる姿を「安心して」見守れる幸せ/

犬のしつけの思い出

≫犬の管理栄養士が「このこのごはん」を買い続ける理由と口コミ150件

あわせて読みたい
犬の管理栄養士が「このこのごはん」を買い続ける理由と口コミ150件 このこのごはんは、美味しく食べるだけで小型犬に多い以下3つの悩みをサポートをしてくれる小型犬用プレミアムドッグフードです。 小型犬に多い3つの悩み 健康的な毛並...

※参考元:Carina Salt, Penelope J Morris, Derek Wilson, Elizabeth M Lund, Alexander J German. “Association between life span and body condition in neutered client-owned dogs”. National Library of Medicine. 11 December 2018. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/30548336/ (29 February 2024)

目次