ドッグフードの原材料「〇〇ミール」とは?危険と噂される3つの理由

ドッグフードのパッケージ裏面に注目すると、原材料に「〇〇ミール」との記載が(例:チキンミール、ミートミールなど)。でも…「ミールって何?」。

きょん

原材料に「チキンミール」って書いてある!鶏の「何か」なんだろうけど…何なんだろう?

そこで今回は…

  • 〇〇ミールってなに?
  • 愛犬に食べさせても安全?

という疑問を解決するため、ミールについて徹底解説します。

ラック

ぼくだって正体不明な食材が入ってたら不安だよ!

本記事を読んでいるあなたはきっと、ドッグフードの原材料にもこだわる愛犬想いな方なのでしょう。丁寧に解説しますので、ぜひ、ドッグフード選びに役立ててくださいね。

本記事の作者
作者の翔ちゃんと愛犬ラック

【自己紹介】生まれた時から犬がいる環境で育ち、犬が大好き。あなたの愛犬が元気に長生きできるように、心を込めて記事を作成しています(詳細プロフィールはこちら)。

【所有資格】1.SAE認定「犬の管理栄養士マスター」2.ペットフード協会認定「ペットフード販売士」3.JCSA認定「ドッグトレーナープライマリーライセンス」4.アニマルウェルネス協会認定「ペットフーディスト」

犬の資格の認定証書
ペットフード販売士が在籍しております(バナー)
ラック

本編が始まるよ!

目次

ドッグフードの「〇〇ミール」とはどんな食材?

「ミール」とは、鳥類や哺乳類の肉などを乾燥させて粉末状にした食材です。

ラック

乾燥させてるんだね。でも…ぼくは生肉の方が好きだよ!

鮮度の良い生肉で作られたドッグフードの方が味わいが良くなり、愛犬の食べっぷりが良くなります。でも、ミールは「粉末状」だからこそ、以下のようなメリットがありますよ。

  1. 乾燥させることで栄養が凝縮される
  2. 水分を含まないため栄養のばらつきが減る
  3. 水分を含まないため傷みにくい
  4. ドッグフードの値段を抑えられる
翔ちゃん

生肉では実現できないことばかり!

お次は、ミールの種類について解説しますね。

ドッグフードに含まれる代表的なミールの種類

ミールは「何から造られるか」によって名前が変わります例えば、鳥類から造られる場合は「家禽ミール」。哺乳類から造られる場合は「ミートミール」。

きょん

「〇〇ミール」の〇〇の部分が変わるんだね!

今回は代表的な2つのミールを解説します。

①鳥類を加工した「家禽ミール」

「家禽(かきん)ミール」とは、鳥類から造られたミールです。ちなみに「家禽」とは、肉や卵、羽毛を目的として飼育されている鳥類のことで、鶏や七面鳥などが含まれます。

複数種類の鳥が含まれたミールを「家禽ミール」。鶏だけなら「チキンミール」、七面鳥だけなら「ターキーミール」と名称が変化します。

きょん

鳥のどの部位を使っているの?もしかして、頭とか羽毛も入っているのかな…。

日本のドッグフードは、アメリカのAAFCO(米国飼料検査官協会)が定めたガイドラインを参考にしており、家禽ミールについては以下のとおり定められています(一部抜粋)。

Poultry Meal is the dry rendered product from a combination of clean flesh and skin with or without accompanying bone, derived from the parts or whole carcasses of poultry or a combination thereof, exclusive of feathers, heads, feet and entrails.

AAFCO What’s in the Ingredients List?

要約すると、家禽ミールを製造する際、「羽毛、頭、足、内臓は除く」と書かれています。大切な愛犬のごはんに、鶏の頭が入っていたら大変ですもんね。

AAFCO(アフコ)とは、米国資料検査官協会の略称で、ペットフードの栄養基準やパッケージのラベルの表示基準を定めているアメリカの団体のことです。

②哺乳類を加工した「ミートミール」

「ミートミール」とは、複数種類の哺乳類から造られたミールのこと。家禽ミールと同じように、豚だけなら「ポークミール」、山羊だけなら「ラムミール」と表記されますよ。

ラック

家禽ミールみたいに、どの部位を使うか決まってるの?

AAFCOは、ミートミールについて以下のように定めています(一部抜粋)。

Meat Meal is the rendered product from mammal tissues, exclusive of any added blood, hair, hoof, horn, hide trimmings, manure, stomach and rumen contents except in such amounts as may occur unavoidably in good processing practices.

AAFCO What’s in the Ingredients List?

要約すると、ミートミールを製造する際、「血液、毛、蹄、角、皮、糞尿、胃および第一胃は除く」と書かれています。

翔ちゃん

もし、糞尿が含まれてたら愛犬に食べさせられないよ…。

ちなみに、牛から造ったミールは、ドッグフードに含めることを禁止されています。なぜなら、BSE(海綿状脳症)という怖い病気を広めないため。

BSEとは、牛の脳がスポンジ状になり、異常行動、運動失調などが現れる怖い病気。発病後、2週間〜6ヶ月で亡くなってしまいます(参考:徳島県コールセンター「BSEとはどのような病気ですか?」)。

ミールは「危険な食材」だと言われる3つの理由

ミールがどのような食材かイメージは湧きましたか?「栄養が凝縮されたコスパの良い食材」と、感じた方も多いのではないでしょうか。でも、インターネット上では…

  • ミールはカラダに悪そう
  • ミール入りの商品は選ばない
きょん

否定的な意見ばっかりだね…。

愛犬家215名に対して、独自のアンケート調査を行ったところ、なんと74.4%の愛犬家も同様なイメージを持っていることが判明(愛犬家215名にアンケート調査)。

この74.4%の愛犬家(160名)に対して、「なぜ、ミールを危険な食材だと思いますか?」と理由を尋ねたところ、以下の回答が得られました。

わんちゃんにとって「ミールが危険だと思う理由」のアンケート結果
翔ちゃん

1〜3位の理由について、それぞれ解説しますね。

①どの動物のどの部位から造られているかが不明瞭

愛犬家の気持ちを考えたドッグフードメーカーであれば、どのような肉を使用しているか情報公開しています。でも…

きょん

ただ単に「家禽ミール」や「ミートミール」だけだと、情報が少なすぎて不安!

そして、世の中には悪い業者が少なからず存在します。実際、2014年の徳島市などで、路上で死んだ犬・猫の処理を肉骨粉加工業者に委託していた問題が発覚。

徳島市、鳴門市、佐那河内村が、路上などで死んだ犬猫の死がいの処理を一般廃棄物処理の認可のない徳島市内の肉骨粉加工業者に委託していた問題で、県は21日開かれた県議会同和・人権・環境対策特別委で、廃棄物処理を適正に行う責任者として陳謝し、同3市村が既にこの業者への委託を中止したことを報告した。

徳島[毎日新聞/徳島2月22日]

もしかしたら、ドッグフードに含まれて販売されていたかも知れません。考えただけでゾッとします。

翔ちゃん

AAFCOが「参考」ではなく「遵守」なら信頼できるのに。このため、ミールは「危険な食材」だと思われてしまうのです。

②4Dミートが含まれている可能性がある

ラック

4Dミート?って何だっけか?

4Dミートとは、人間は食べることがない「質の悪い肉」の俗称。具体的には、以下のような肉です。

  • DEAD】死んだ動物の肉
  • DYING】死にかけの動物の肉
  • DISEASED】病気の動物の肉
  • DISABLED】障害のある動物の肉

どの肉も大切な愛犬には食べさせたくないですよね。でも…

翔ちゃん

残念ながら、ミールに4Dミートが含まれていない根拠はありません。

4Dミートについては、以下の記事で詳しく解説しています。少し怖いお話も含まれていますが、愛犬の食の安全を守るため、読んでみてくださいね。

≫愛犬家の不安「4Dミート」の正体とは?ドッグフードの原材料の裏話

③副産物が含まれている可能性がある

きょん

副産物…って何?

副産物とは、鶏や豚を食肉ように加工すると、肉以外の部位(頭、骨、皮、内臓、蹄など)が残ってしまいますよね。これを「副産物」と呼びます。

勘が鋭いあなたなら「使用する部位は、AAFCOを参考にしてるんじゃないの?」と、思ったはず。ですが…あくまで「参考」にしているだけで「遵守」ではないのです。

このため、「鶏の頭が入っている…」などの憶測が飛び交い、「危険な食材」とのイメージがついてしまったのでしょう。

翔ちゃん

製造業者さんを信じたいけど、AAFCOを参考にしている根拠がなければ安全とは言い切れないのです。

今回は上位3位までの理由について解説しましたが、どれも恐ろしいものばかり…。愛犬家のみなさんがミールを「危険な食材」と思うのもわかりますね。

愛犬のごはんにミールを許すかはあなたの気持ち次第

今回は、ドッグフードの原材料「〇〇ミール」について解説しました。要点をまとめますね。

  • ミールは鳥類や哺乳類の肉などを乾燥させて粉末状にした食材
  • 「家禽ミール」や「ミートミール」などの種類が存在する
  • 「どの部位から造るか」は、AAFCOを参考にしているが遵守ではない
  • 74.4%の愛犬家が「危険な食材」だと思っている
翔ちゃん

パッケージ裏面の原材料欄に「〇〇ミール」がないかチェックしてみてね。

ミールが直接の原因となり病気を発症する可能性は低いため、コスパの良いミール入りドッグフードを否定するつもりはありません……が、僕は今後もずっとミール入りドッグフードを愛犬に食べさることはないでしょう。

きょん

安全とは言えないけど、危険とも言い切れないのに?

人間の食べ物であれば「原材料は?新鮮なの?産地は?」とこだわりますよね。同じように、愛犬のごはんに対しても安全性をこだわりたいのです。「4Dミートが使われているかも…」と適当に流すのは嫌なのです。

「愛犬は我が子」と想えるあなたであれば共感していただけるのではないでしょうか。

このこのごはんを食べたい愛犬ラック
自信を持って「安全」と言い切れるごはんを食べさせてあげたいですよね!

ドッグフードは大切な愛犬のごはん。ただ単に「空腹を満たす」ことだけを目的とせず、1分1秒でも健康に長生きできることを願って、良質なドッグフードを選んであげましょう。

ドッグフードには、ミール以外にも「危険な原材料」が含まれている可能性があります。以下の記事でまとめていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

≫愛犬の良質なごはん選びに役立つ!ドッグフードの危険な原材料まとめ

目次