ドッグトレーナー

ドッグトレーナーから教わった無駄吠え解決法を実践してみた!

あなたの愛犬は吠え癖がついていませんか?

お恥ずかしながら僕の愛犬ラックは吠え癖がありました。ラックが子犬の時期に僕がしっかりと教えてあげなかったことが原因なので反省しています。

このため、ドッグトレーナーから吠え癖を改善するためのアドバイスをもらったことがあります。今回はその方法を記事にまとめました。もし吠え癖に悩んでいる飼い主さんがいましたら、是非実践してみてくださいね!

翔ちゃん
翔ちゃん
吠え癖がつくとご近所さんに迷惑をかけちゃうから困ったな…
ラック
ラック
人間社会では吠えることは悪いことだって言われるけど、犬はもともと吠える動物だよ。僕達も吠えないように頑張るから、飼い主さん達も僕達にわかりやすく教えてね(しつけしてね)!
翔ちゃん
翔ちゃん
(…ラックが正論を言っているだと…)

 

愛犬ラックの困った無駄吠えが改善した!

愛犬ラックの吠え癖に困りドッグトレーナーに相談したところ、アドバイスをいただくことができました。

ドッグトレーナーに言われたとおり実践したところ、大きな変化が現れました。まずは愛犬ラックのbefore(相談前)とafter(相談後)の状態をご紹介します。

愛犬ラックのbefore

ラックがいる部屋に、僕以外の家族が出入りするとすごい勢いで吠えていました。もう噛み付くんじゃないかってレベルです…。

ただ、僕には一切吠えずに、むしろしっぽを振ってお出迎えしてくれるためその状態を放置してしまいました。それがいけなかったのです。

その結果、ドッグトレーナーに相談するほどまでにエスカレートしてしまったのです。

愛犬ラックのafter

ドッグトレーナーから教わった方法を実践したところ、完全に吠え癖がなくなったとまでは言いませんが、ほとんど吠えなくなりました!すごいことです!

ただし、僕以外の家族が部屋を出入りすると、吠えは軽減されたものの警戒はしています。あとは、ラックと家族がお互いに信頼し合えることが必要かなって思っています。

翔ちゃん
翔ちゃん
昔のラックはたくさん吠えてヤンチャしてたよね!あの時は本当に困っちゃったよ!
ラック
ラック
記憶にございません

犬が吠えることをよく「無駄吠え」と表現しますが、僕はその言葉が大嫌いです。

犬が吠える時は必ず何かしらの意味があります。例えば、警戒している、ごはんを要求している、家族を呼んでいる…などなど。

でも、そのような状況になったら人間も声を発しますよね?なぜ犬が同じ状況下で吠えると「無駄」と言われてしまうのでしょうか?

たしかに、人間社会で暮らすためには、犬の声量は大きすぎるのかもしれません。それ自体を否定しようとは思っておりませんが、どうしても「無駄」という言葉が引っかかってしまうのです。

人間社会で過ごすために、彼らの表現方法のひとつである「吠える」という行為を禁止されるだけでなく「無駄」と言われてしまうのはかわいそうですよね。

犬は人間社会にしっかりと適応しようとしてくれています。あなたも犬の習性(犬社会)を理解する努力をしてあげましょう!

余談はこれくらいにしておき、ドッグトレーナーから教わった方法をさっそくみてみましょう!




ドッグトレーナーから教わった無駄吠え解決法を大公開!

犬には吠える原因が何通りも考えられます。今回ご紹介する方法は、ラックが吠えてしまう状況(ラックがいる部屋に人が出入りする時に吠える)を鑑みてドッグトレーナーが考案してくれた方法です。このため、全ての犬の吠え癖をなおすことができるようなオールマイティーな方法ではないことだけご了承ください。

STEP0 犬のしつけをする上での大前提を知ろう!

まず一番大切なことからお伝えします!それは…

愛犬がしてはいけない行動(人間がして欲しくない行動)をした時、その前後で絶対に態度を変化させてはいけない!

ということです。

例えば、僕と愛犬ラックがリビングでくつろいでいたとします。その時に、母親が部屋に入ってきたとします。すると…

ラック
ラック
(…ん?ひと吠えしてやるか!)ワン…ワンワン!ワンワンワンワン!ワン!
母親
母親
静かに!!!!!

という状況になったとします。

この例だと、ラックが「吠える(=して欲しくない行動)」という行動の前後で、母親が態度を変化させてしまっています。

このことから「吠えたら母親が関心を寄せてくれた(静かに!と言ってくれた)!」とラックは学習します。そして、母親の気を引きたくてどんどん吠える癖がついてしまうのです。

この状況では態度を変化させずに無視するのが正解です。とは言っても反射的に言いたくなっちゃいますよね。そこをぐっと我慢です!

このことを徹底できれば、これ以上吠え癖を悪化させることはないのです!まずはこの大前提を理解しましょう。

STEP1 愛犬が集中している状況を作ろう!

STEP1からは実践編です!

はじめに愛犬の大好きなご褒美(おやつやおもちゃ)を用意してください。できれば、ガムなどの長時間噛み続けることができるおやつがベストです。もちろん、コングなどのおもちゃでも大丈夫です。

用意したご褒美を与えて、愛犬が集中している状況を作ってください。ビスケットなどでは、集中する前に食べ終わってしまうので別のご褒美を用意しましょう。

ラック
ラック
僕は「アキレススティック」っていうおやつが大好きだよ!でも集中して食べるとすぐに終わっちゃうんだ。だからこのトレーニングの時には骨型のガムをもらっていたよ!
翔ちゃん
翔ちゃん
ラックは早食いだからな

STEP2 協力者に入室してもらおう!

STEP2はふたりで行う必要がありますので、まずは協力者を探しましょう。

協力者が見つかったら、STEP1で集中している愛犬がいる部屋に入ってきてもらいます。最初はご褒美を投げ捨てて吠え出してしまうでしょう(ラックはそうでした)。もし吠えてしまっても、STEP0を思い出して態度を変化させないように気を付けましょうね。

STEP1を何度も繰り返すことで、次第に協力者の入室に慣れてきて吠えなくなってきます。根気強くトレーニングしましょう!

吠えずに我慢できたらたくさん褒めてあげましょう!成功した場合は「いけない行動」ではないので、態度を変化させても問題ありません

なお、入室してきた協力者に対して、警戒(じっと見つめていたり、身を乗り出していたり)していたとしても、うなったり吠えたりしていなければOKです!

STEP3 協力者に退室してもらおう!

あとは退室だけです!

あまり時間を置かずに(愛犬の集中が切れない間に)、協力者に部屋を出てもらいます。この時も、愛犬が吠えなければ完璧です!吠えてしまったら、STEP2と同様な方法でトレーニングしましょう。

あとはSTEP1〜STEP3を何度も繰り返しましょう!ただし1日でなおるとは思わないでくださいね!人間と同じで犬も反復練習が必要です。焦らずにゆっくりと愛犬のペースに合わせてあげましょう。

ラック
ラック
継続は力なり!

 

まとめ

犬の問題行動の中でも、吠え癖で困っている飼い主さんは多いですよね。

僕もそのうちのひとりでしたが、ドッグトレーナーに頼ることで吠え癖を改善できました。そのおかげで、ラックとの生活は良い方向へ大きく変わりました。

吠え癖で悩んでいる飼い主さんにとって、今回共有させていただいた方法が解決策となれば僕も嬉しいです!

しかし、吠える原因や状況がラックと違う場合や、ラックと原因が同じでもこの方法では改善されない場合には、ドッグトレーナーに頼りましょう!きっとあなたの愛犬にあった解決策を見つけてくれるはずです!

吠え癖は飼い主さんの精神的なストレスとなりかねません。また、ご近所さんにもストレスを与えてしまう可能性があります。正しい方法で早めに解決して、愛犬と素敵な生活を送りましょう!